院長紹介

院長社本のプロフィール。社本がどんな歯科医師なのかをぜひ知ってください。

社本歯科院長
社本 昇久(しゃもと たかひさ)

「きちんと、やさしく、ていねいに」
できるだけご要望にお応えできるように
精一杯努力することをお約束します!

なぜ歯科医師を目指したのか?

幼い頃から「歯医者さんになることが当然」という環境で育ってきた私。

父も歯科医師であったことが一因であることは確かですが、幼稚園の卒業式も小学校の卒業文集も、将来の夢は一貫して『歯医者さん』でしたから、ここまで貫けたことに自分でも時々ビックリすることがあります。

いきなり挫折の歯科医師生活

そんな私ですが、順風満帆な歯科医師生活を送ってきたかというと、決してそんなわけでもありません。

私がこの社本歯科を任されるようになったのは、歯科医師になって2年目のこと。当時の私は、まだまだ歯科医師としての技量も器量もまだまだ不十分な状態でした。

そんな私がいざ1人で診療をしようと思っても、どんな状態に陥るのかは容易に想像できると思います。

大切なお身体を診させていただく立場にあるにもかかわらず、思うように治療することができない状態でした。今思うと本当にお恥ずかしく思いますが、治療費をいただけるようなレベルではなかったと思います。

自分が想像していた以上に、何ひとつ思うように進まない自分がいることに愕然とした時期でした。

そんな私を助けてくださったのは…

それでも私がこうして何とかやってくることができたのは、そんな歯科医師として未熟な状態だった私でも『信頼して、通院してくださる患者さん』がいてくださったからです。

当時からずっと通ってくださっている患者さんもたくさんいらっしゃいますが、その方々には感謝してもしきれないぐらい、ありがたく思っています。

そして、「そのような患者さんたちの期待にお応えしたい」という気持ちが私の成長の原動力でした。

技術も知識も不十分だった当時の私にできることと言えば、『やさしく、きちんと、ていねいに』治療をさせていただくことだけ。

患者さんがどんなお悩みやご不安を抱えているのか、それをとにかく一生懸命聴かせていただきました。

そして、患者さんの症状について研究し、患者さんのご期待・ご要望にお応えできるような治療法を実践できるように、とにかく必死に努力し続けてきました。

このような経験を通じて、私は「患者さんのお話をきちんとお聴きして、ご要望をしっかり理解すること」、そして「仕事に対して妥協は一切しないこと」を大切に考えるようになりました。

これからの目標

今の私があるのは、ただただ患者さんに育ててもらったからなのです。

今でも申し訳ない気持ちでいっぱいになるぐらい何もできない歯医者だった私…でも、そんな私を信頼して通院してくださった患者さんたちが、私をここまで育ててきてくださいました。

だから、私はたくさんの患者さんを幸せにすることを通じて、患者さんに恩返ししたいのです。

私は、誰よりも「きちんと、そして丁寧に」治療を行う歯科医師であり続けたいと考えています。

そして、いつまでも「食べたいものを美味しく食べ続けていく」ことができるように、お手伝いをさせていただきます。

悪いところを治すことはもちろんですが、状態が悪くならないようにサポートすることが歯科医師としての本当の役目だと考えています。

社本歯科は、「痛くならないように」「悪くならないように」気軽に通ってもらえる歯医者さんにしていきたいと思っています。

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ