院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

6歳臼歯をむし歯から守ろう!

お子さんの歯とお口の健康を守るためのプチ情報。

みがき残しチェック

今回は『6歳臼歯』についてお話したいと思います。

6歳臼歯

6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯である「第1大臼歯」という歯が生えてきます。 6歳ごろに生えてくることから通称「6歳臼歯」と呼ばれますが、人間の歯の中で一番大きく、噛む力も最も強い大切な歯です。 6歳臼歯

一方で、とてもむし歯になりやすい歯でもあります。

6歳臼歯 むし歯

・奥に生えてくるので、生え始めたことに気がつきにくい
・少し傾いて生えてくるので、歯と歯の間に食べカスが入りやすい
かみ合わせ面の溝が深く、食べカスがたまりやすい
歯ブラシが届きにくいので、食べカスが残りやすい など、むし歯になる要素がたくさん考えられるからです。

 

6歳臼歯

6歳臼歯をむし歯から守るためには・・・ ・お子さん自身 ・親御さん ・歯科医院 の3者がお互いに協力していくことが必要です。

uzura-family_flow-kids002_m

お子さん自身は・・・ 「食べたら歯をみがく」という習慣を身につけること。

歯をみがく

親御さんは・・・ 「仕上げみがき」をして、みがき残しをチェックすること。

仕上げみがき

歯科医院は・・・ 「定期健診」でチェックし、「歯みがき」のアドバイスをすること。

小児歯科 定期健診

このように3者間でお互いに努力して、永久歯がむし歯にならないように努力していきましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ