院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

秋バテにご注意を!

暑かった今年の夏は、体力低下や食欲不振など夏バテになった方も多いのではないでしょうか。

ようやく、朝晩涼しくなってきて、夏バテも解消できるな♪
なんて思っていたけど、だるさや疲労感がまだあるような…。

それはもしかしたら、秋バテかもしれません!

 

『秋バテ』って?

夏バテといえば、暑さのせいで体力や食欲がなくなったり、なんとなくカラダがいつもより元気がないといった症状のこと。

さらにここ数年の猛暑のおかげで、あまりの急激な気温の変化で、自律神経を乱したり、クーラーでカラダが冷え切ってしまい、血のめぐりが悪くなり、滞りがちに。

そうして、秋口になってから、ドッと疲れが出始め、だるさが取れず、疲労感やカラダの不調として現れてきます。
これこそが秋バテのはじまりです。

こんな症状が出てきたら、『秋バテ』サイン!

・食欲がなく胃がもたれる
・疲れやすい、だるい
・立ちくらみ、めまい
・頭がボーっとする
・寝不足で、朝スッキリ起きれない

『秋バテ』の予防&対策

●温かめの湯船にゆっくりとつかりましょう

お風呂はシャワーで済まさずに、温かめのお湯にゆっくりと入る時間をつくりましょう

温熱効果で血のめぐりをスムーズしてあげることが大切です。

新陳代謝もアップして、疲れも取れ、夜もぐっすり眠れるようになるでしょう。


●マッサージでリラックス

1日の終わりや仕事中に、カラダのコリほぐしてあげるとリラックスにも

エステやマッサージ店、スパでご褒美ケアも◎。

●リフレッシュには軽い運動を

軽い運動をすると、脳内でカラダを活性化するホルモンが分泌され、スッキリした1日を過ごすことができるようになります

オススメは20~30分ほどのお散歩やウォーキング。

いつもの通勤をほんの少し回り道してみるなど日常生活の中でプラスすると、毎日続けられるコツです。

●クーラーの温度設定

まだまだ残暑の残る秋口は、クーラーを使うことがしばしばありますよね?

自律神経の乱れの主な原因は外気との温度差。

5℃以上の差を繰り替えしているとバランスを崩し始めるので温度設定には十分に気をつけましょう

夜遅くまで起きていたり、冷たい物を食べたり飲んだり…。まだまだ暑いと感じていても、季節は少しずつ秋へと変わり始めています。

秋バテの予防と対策を行いつつ、秋の過ごし方に生活スタイルをチェンジしていきましょう。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ