院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

どうしてむし歯になるんですか?

むし歯になってしまうのは、3つの原因があります。

1.歯質
2.むし歯菌(細菌)
3.糖質を含む食べ物

この3つの要素がそろって、むし歯になります。

むし歯になる理由

歯垢の中の細菌は、食品に含まれる糖分をエサにし、エネルギーに変えて活動します。

糖質は、砂糖や甘いもの、ごはんやパンなど多くの食品に含まれています。

細菌は、活動の過程で酸を出しますが、この酸によって歯のカルシウムが溶け出し、むし歯になります

むし歯

近年は、これにプラスして時間の経過も1つの原因と言われるようになってきました。

健康なお口の中は中性に保たれていますが、食事をするとお口の中は酸性に傾きます。

酸性に傾いたお口の中は40分ほどかけて中性に戻りますが、その間にダラダラ食べることを繰り返すと、常に細菌が活動したままの状態になります。

つまり、ダラダラと食べ続けることは、むし歯になる危険性が高くなるということです。

お子様がテレビを見ながらおやつを食べ続けるとむし歯リスクが高まるのは、こういう理由があるのです。

食べ物とむし歯

おやつや間食がすべて悪いものではありませんが、ダラダラと食べ続けてしまうような悪い習慣は、歯とお口だけでなく全身の健康にも影響してきますから、やめるようにしましょう。

100%むし歯にならない方法はありませんが、限りなく100%に近い状態にするためには、

歯科医院で定期的に予防(チェックとクリーニング)をすることです。

定期健診

定期的にチェックとクリーニングをしていけば、仮にむし歯が見つかったとしてもすぐに治すことができます。

『早期発見』と『早期治療』に気をつければ、つらい痛みとは無縁の生活を送ることができるようになります。

また、お1人1人の状態に合わせた歯のみがき方など、日頃のケアのアドバイスもしています。

定期的に歯医者さんに通う習慣を身につけましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ