院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか?

口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれる症状で、最近この症状に悩む方が増えています。

具体的には、加齢や精神的なストレスなど、何らかの理由でだ液の分泌量が少なくなることで口の中が乾燥した状態になる症状が現れます。

初期段階では、口の中がネバネバしたりパサついたりして、食べ物が飲み込みづらい口臭が発生するなどの症状が現れます。

さらに症状が進むと、舌にひび割れができてその痛みで食事がしづらい口臭が強くなる、さらにはむし歯や歯周病が発生するなど症状も深刻になっていきます。

cavity_mechanism05

ドライマウスの原因はさまざまなことが考えられます。

飲酒喫煙

口が乾く副作用がある薬の服用(風邪薬や抗ヒスタミン剤、血圧降下剤など)

・やわらかいものばかり食べることでアゴの周りの筋肉が衰えて、だ液の分泌機能の低下しまうこと

このように、生活習慣に由来する原因もあります。

nicotine-stain

対策としては、だ液の分泌量を増やすことです。

食べ物をよくかんで食べることで、だ液の分泌量は増えます。

また、酸味のある食べ物でお口の中を刺激するのも良いでしょう。

キシリトールガムをかむこともだ液の分泌を促します。

飲酒や喫煙を控えることも大切ですし、保湿成分配合のマウスウォッシュを使うのも効果的です。

good_foods_umeboshi

そして、口の乾きを感じたら、早めに歯科医院で相談しましょう

他の症状と同様に、早めのケアをすることが大切です。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ