院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

花粉症との付き合い方

うららかな春がやってきますね。

しかし、花粉症の人にとって、春は憂鬱な季節…。

少しでも春を楽しめるように、花粉症と上手く付き合っていきましょう。

◆花粉症と付き合う

花粉症で問題になるのはQOL(生活の質)の低下。 たとえば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの花粉症の症状は集中力や判断力、作業能率を低下させます。

中でも鼻づまりは、睡眠障害の原因にもなり、日中の疲労や眠気にもつながります。 花粉症を「防ぐ」、花粉症から「逃げる」、花粉症に対して「強くなる」ことを意識して、QOLを保ちつつ、花粉症と上手に付き合いましょう

1. 防ぐ

花粉症の原因は花粉なので、花粉症の症状を和らげるには、花粉を防ぐことが重要です。

<マスク> マスクを装着することで、吸い込む花粉を約3分の1から6分の1に減らすことができます。 インナーマスク(マスクの内側にガーゼを当てること)でさらに花粉を減らすことができます。

<メガネ> 普通のメガネで40%、花粉症用のメガネで65%も眼に入る花粉量が減少します。 ちなみに、コンタクトレンズはアレルギー性結膜炎の症状を増幅する可能性があるので、メガネに替えるとよいでしょう。

<服装> 花粉が付着しやすいウール素材は避け、つばの広い帽子と手袋で、露出している頭、顔、手を隠し、花粉の付着量を減らしましょう。

<うがい・洗顔> 顔や喉についた花粉を洗い流しましょう。

<換気と掃除> 窓を薄く(約10cm)開け、レースのカーテンをすることで室内に入ってくる花粉を約4分の1に減らすことができます。 床を拭き、カーテンも洗濯しましょう。

⒉ 逃げる

日本で発症する花粉症の多くが2月~4月頃に飛散するスギ花粉によるものです。 ただ、北海道や沖縄にはスギがほとんど存在しないため、スギ花粉が多く飛ぶ時期だけ、北海道や沖縄へ逃げることができたら良いのですが、なかなかそうもいきません。

せめて花粉が多い時間帯や気象条件から逃げましょう

スギ花粉は、一般的に昼前後と日没後に多くなります

①晴れて気温が高い日 ②空気が乾燥して風が強い日 ③雨上がりの翌日 花粉が多い時間帯や気象条件では、なるべく外に出ないようにしましょう。

また、花粉の飛散状況について正確な情報を得ることが重要です。 心強い味方は「はなこさん」 花粉飛散シーズン(2月~5月)になると、環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)が、1時間ごとの最新の花粉飛散量や飛散方向などを教えてくれます。

⒊ 強くなる

免疫力が低下すると花粉症にかかりやすくなります。 免疫力を高めるには、睡眠と栄養バランスのとれた食事、適度な運動、そしてストレスコントロールが有効です。

お手軽な対処法として、鼻水、鼻づまりの症状がつらいときは、温かい蒸しタオルなどを鼻の部分にあてると、自律神経系の反射で鼻の通りがよくなります。入浴も同様の効果があります。
 
 花粉症で憂鬱な春を、うららかな春として少しでも楽しむために、万全の花粉症対策と早めの予防を行いましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ