院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

どうして口内炎ができるのですか?

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあることでしょう。

口内炎

・食事中に誤って口の中を噛んでしまった…
・体力の低下やビタミン不足
・仕事のストレス

これらの要素はすべて口内炎の原因となりますし、

・ウィルスが原因の『ヘルペス性口内炎』
・カビ(真菌)が原因となる『カンジダ性口内炎』
・特定の食物による『食物アレルギーが原因の口内炎』

このような口内炎もあります。

ストレス

歯とお口の関係でちょっと気になるのは、『カタル性口内炎』と呼ばれるものです。

この口内炎は…

・むし歯や歯周病などで、お口の中の衛生状態が良くないとき

・入れ歯や矯正器具・歯の詰め物などが、お口の粘膜に何らかの刺激を与えたとき

にできると言われています。

むし歯

お口の中を傷つけてしまうという意味では、歯ブラシの使い方にも気をつけましょう。

歯ブラシのヘッドが大き過ぎていたり、歯をみがく力が入り過ぎていたりすれば、お口の中を傷つけるリスクは高まります。

お薬や歯科治療で改善するケースもあるので、繰り返しできたり、症状が長引いたりする場合は、診察を受けることをおススメします。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ