院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯みがきと歯垢

 
自 然界では海産物などに多く含まれる物質で、歯の表面のエナメル質をむし歯になりにくい状態に変化させたり、まだ穴のあいていない初期むし歯を健全な状態に 戻したり、むし歯菌の活動を抑えるはたらきがあります。有効に使うには、フッ素の濃度や回数、お口に行き渡っているかがポイント。市販品を上手に利用しな がら、定期的に歯科でフッ素の塗布を行うことをおすすめします!

   
歯 垢はプラークとも言い、むし歯菌が食べかすを分解して作る細菌のかたまり。歯の表面をよく見ると、白っぽくネバネバしたものが付いていませんか?これはて いねいなブラッシングでしか取り除くことができません。しっかり磨けたかどうかは、歯垢の残った部分が赤く染まる「歯垢染色剤」で調べることができます。 また、歯科でのクリーニングを受けていると、舌で歯を触ったときの感じで歯垢が付いてきたことがわかるはず。
なお、歯磨き粉に含まれるフッ素の効果が残るよう、ブラッシング後のゆすぎは2回程度におさえましょう。
   
ブ ラッシングで取り切れなかった歯垢が、唾液の成分によって固くなったものが歯石。歯垢と同じように、蓄積するとむし歯や口臭、歯周病を引き起こします。歯 石は歯磨きで取り除くことは難しく、歯科での処置が必要。歯石の表面にはさらに歯垢が付きやすいため、早めのケアが大切です

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ