院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

夏場の水分補給は何が良い?

梅雨が明け、本格的な夏がやってきました! そして、この時期なると「熱中症」の話題が増えます。

熱中症

熱中症対策に欠かせないもののひとつは『水分補給』 とりわけ、熱中症対策には、電解質の補給のためにスポーツドリンクイオン飲料を飲むことが推奨されています。

その理由は、水分だけでなく、ナトリウムが含まれているからです。

スポーツドリンク

大量に汗をかいたときにはナトリウムが必要と言われるのは、電解質の適正な補給のためです。

この電解質の働きによって、胃から小腸への排出、小腸から血管内への吸収がすみやかに行われます。

ここで、下の図をご覧ください。小腸における各飲料の吸収率を示す 実験データです。 経口補給水 吸収率 このデータを見ると、スポーツドリンクの吸収率は意外と高くないことが分かります。

むしろ、水のほうが吸収率は高いというのは、ちょっと意外な結果ですよね。

このデータを見る限り、基本的な水分補給や喉の渇きを潤すのは、『水』でも十分と言えるでしょう。

水

お茶でも良さそうな感じはしますが、お茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、水分を体外に排出することを促進してしまいます。

ですから、お茶を飲みたい場合には、ノンカフェインの『麦茶』をチョイスすると良いでしょう。

麦茶

また、炎天下でのスポーツや仕事で大量の汗をかいたときには、経口補給水』での水分補給がベストです。

水分補給

スポーツドリンクやジュース類は糖分も多く、むし歯予防という観点から考えるとあまりお勧めできません。

私たち歯科医療従事者は、以前からそのことをお伝えしていますが、むし歯予防の観点だけでなく『水分の身体への吸収率』という点からも、何を飲むかは重要だったのです。

身体が水分を欲しているときに何を飲むべきか、あらためて考え直してみてはいかがでしょうか?

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ