院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯がしみる・・・その原因は?

むし歯じゃないのに、冷たいものが歯にしみる
歯ブラシが当たると歯が痛い

もしこのような症状に心当たりがあるとしたら、それは『知覚過敏』かも知れません。

知覚過敏

歯は、表面がエナメル質という非常の固い素材で覆われ、内部には象牙質、そして神経(歯髄)があります。

ところが、何らかの原因によってエナメル質が傷つき削れてしまい、象牙質が露出してしまうと、象牙質にさまざまな刺激が直接伝わります。

その刺激が歯の神経(歯髄)まで届いて、歯がしみるのです。

歯の構造

特に、歯の根元部分はエナメル質がもともと薄い、またはほとんどないため、歯の根元部分で起こるケースがほとんどです。

◆知覚過敏の原因は?

1)歯周病

歯周病が原因で歯ぐきが後退し(歯ぐきが下がり)、歯の根元が露出すると、知覚過敏の症状が出やすくなります。

歯ぐきが下がるという症状は、歯周病がかなり進行している可能性も高いので、早々に歯科医院で治療を受けましょう。

歯周病

2)歯垢(プラーク)

歯周病やむし歯の原因となる『歯垢(プラーク)』がつくり出す酸によってエナメル質が溶かされる可能性もあります。

毎日の正しい歯みがきで、歯垢を溜めないようにすることは、歯のトラブルを防ぐためにとても重要なのです。

歯みがき

3)歯ぎしりや噛み合わせ

歯ぎしりは、歯のエナメル質同士を直接こすり合わせるので、エナメル質が削れたり割れる大きな原因となります。

さらに、歯ぎしりは、歯全体に強い力が加わるため、エナメル質だけでなく、歯を支えている歯槽骨までも破壊することがあり、歯周病の原因となることもあります。

歯ぎしり

◆歯がしみたら歯科医院へ!

歯がしみる症状は、知覚過敏はもちろんですが、きちんと検査をしてみたところむし歯や歯周病が原因だったというケースも少なくなりません。

歯の治療

「ズキン!」「キーン!」と痛みを感じた場合には、すぐに歯科医院を受診してください!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ