院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯の間にものが詰まる

若いころは、それほど気にならなかった歯間のモノの詰まり。ところが30歳を過ぎたら詰まりやすくなったという人も多いのでは?歯は加齢とともに変化し、放っておくとトラブルにつながることもあります。
 
モノの詰まり方には2種類あり、一つは歯に対して横から食べ物が詰まる場合です。これは加 齢によって歯ぐきが下がり、隙間ができたために起こります。一方、歯に対して垂直に食べ物が入り込む場合には、注意が必要です。むし歯によって歯がザラザ ラとなり、もろくなっている証拠。また既に歯を支える骨が減り、歯がグラグラとする歯周病の可能性も考えられます。
 
歯の間に隙間ができるのは、咬み合わせやむし歯、歯周病などが考えられます。
 
1) 歯ぐきを下げる歯周病
  加齢や歯周病が原因で、
歯ぐきが下がり隙間ができるケースです。
   
2) むし歯
  歯と歯の間がむし歯になり、隙間ができます。
取れにくく、しかも水にしみるなどの症状を伴います。
   
3) 歯の移動
  咬み合わせの力により、歯が移動して歯と歯の間が
広がるケースです。
   
4) 歯ぎしりによる歯の摩耗
  歯ぎしりによって歯の咬み合わせ面に凹凸ができ、
凹の部分に食べ物が詰まります。
 
詰まった状態に慣れてしまうと、そのまま放置してしまいがち。大きなトラブルに
つながらないよう日ごろからしっかりとブラッシングし、定期的に検診を受けましょう。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ