院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯の着色

歯がくすんだり、黄ばんでしまうおもな原因には、
○歯の表面に着色性の汚れが付いてしまうこと
○歯の内部が変色してしまうこと
があります。
笑顔をもっと魅力的に! 白い歯になる方法
歯は一人ひとり色が違います私 たちの歯は、生まれつき一人ひとり色が違うもの。歯の内部には、その名の通り象牙色をした「象牙質」があり、それを半透明のエナメル質が覆っています。象 牙質の黄味が強い人、エナメル質が透明な人や薄い人ほど、内側の象牙質が透けて黄みがかって見えるのです。(詳しくは、一般歯科「歯の構造」を参考にしてください)
 
●歯本来の色を取り戻す“クリーニング”
「ステイン」は、赤ワインやコーヒーに含まれます
もともとの歯質によるもの以外には、歯の表面へのステインの付着があります。ステインとは、お茶やコーヒー、赤ワインに含まれる色素や、タバコのヤニが原因の着色性の汚れのこと。毎日のていねいなブラッシングに加え、定期的な歯科医院でのクリーニングで十分きれいになります。(詳しくは、一般歯科「予防歯科」を参考にしてください)
 
●さらに美しい白さには“ホワイトニング
ホワイトニングが最適!
よ り白さにこだわる方には、歯質そのものを変化させるホワイトニング(ブリーチング)が最適です。歯科医院で歯の表面にジェル状の薬を塗り、その上から特殊 な光を当てて行うオフィス・ブリーチングと、歯科医院でつくったトレーとジェル状の薬剤を使って自宅で行うホーム・ブリーチングがあります。(詳しくは、審美歯科「ホワイトニング」を参考にしてください)
 
2つの処置には痛みもなく、歯を削ることもありません。
専門医のテクニックで笑顔に磨きをかけてみませんか?
 

 

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ