院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯と口の健康週間

6月4日から10日は『歯と口の健康週間』です。 この機会に自分の歯の健康管理を見直し、むし歯や歯周病の予防に努めましょう。

またすでにむし歯や歯周病にかかっている人は、そのまま放置せずに歯科医の治療を受けましょう。 歯を失う原因のほとんどは、むし歯歯周病によるものです。  

中でも、歯周病は糖尿病や心臓病と深くかかわっているのをはじめ、全身の健康に悪影響を及ぼします。歯の健康をいつまでも保つことは、からだ全体の健康を守ることにもつながります。

毎日、しっかりと歯の健康を管理して、何歳になっても「元気に会話ができる」「おいしく食事をいただける」といった日常生活を送っていきましょう。

 

健康な歯を保つための口腔ケア

むし歯や歯周病は、お口の中全体に広がっている細菌や歯の周辺に付着している歯垢(プラーク)が原因でおこります。 日常生活で次のポイントに気をつけて、お口の中のケアを心がけましょう。

1.歯みがき “食べたらみがく”習慣を身につけましょう

毎食後、丁寧に歯みがきすることで、お口の中を清潔に保ち、細菌類が繁殖しないようにすることが、むし歯・歯周病予防の基本です。

●歯みがきの注意ポイント みがきにくい「前歯の裏側」「奥歯の表(ほお)側」「歯ブラ シを持つ手の奥歯の裏側」も磨き残しがないように、丁寧にみ がきましょう。

2.歯間ブラシやデンタルフロスで歯垢を除去

歯と歯の間や、歯と歯肉の境目に付いている食べかすや歯垢は、歯ブラシだけでは取れにくいため、歯間ブラシデンタルフロスなどの用具を使って、しっかり落としましょう。

●歯間清掃のポイント 歯肉を傷つけないように注意しながら、歯間を丁寧に掃除しま しょう。  

3.歯科医院でのケアも必要

自分では取り除けない歯垢や歯石を除去するためには、歯科医院での専門的なクリーニングが必要です。 お口の中で起きているトラブルの早期発見・早期治療のためにもかかりつけの歯科医をもち、定期的に歯垢や歯石のケアを受けましょう。

お口の中をチェック~こんなときは歯科医の受診を!

・朝起きたときに、口の中がネバネバする。
・歯みがきのときに出血する。
・硬いものが噛みにくい
口臭が気になる。
・歯肉がときどき腫れる
・歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。
・歯がグラグラする。

当てはまるものはありましたか? お口の中の事はなかなか自分では気づけないものですし、他の事が忙しくなると、つい疎かにしてしまいがちです。

定期的に歯科医で受診することで、歯とお口の健康を守り、不安のない日々を送りましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ