院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

どんな歯磨き粉を選べば良いですか?

あなたは歯をみがくときに、歯磨き粉を使っていますか?

多くの方が使用すると思いますが、なぜ歯をみがくときに歯磨き粉を使うのでしょうか? 歯磨き粉をたくさん使うことで、汚れを落とせるんじゃないかと考えて、歯みがきの時にたくさんつける方も多いと思います。 でも、それは大きな間違い! 実は、歯の汚れを落とすには、歯磨き粉よりも歯をみがくテクニックのほうが大切です。

今回は、歯磨き粉について理解を深めて、どんな歯磨き粉を選んだらよいのかを考えてみましょう!

1)目的

歯磨き粉を使う目的は、「歯垢を落としやすくする」ということです。 誤解しないでおきたいのは、歯磨き粉で歯垢は取れないということです。 歯垢を取るのは歯ブラシの働きで、歯磨き粉は歯垢を取る補助的な役割しかありません。

2)薬効成分

一般的な歯磨き粉には、歯垢を取る研磨剤や泡立ちを良くする発泡剤、乾燥を防ぐ保湿剤や味付けなど、最低限の素材が入っています。 それとは別に歯磨き粉それぞれの特徴として薬効成分が入っていることがポイントです。

むし歯が気になる方は、フッ素配合の歯みがき粉を。

知覚過敏が気になる方には、硝酸ナトリウムというミネラル配合の歯磨き粉(一般的にはシュミテクト)を。

その他にも、
むし歯菌や歯周病菌を殺菌する成分(CPCなど)
歯垢(バイオフィルム)を柔らかくする成分(IPMPなど) など、薬効成分を加えた歯磨き粉はもちろん、
歯ぐきの痩せを予防するもの(研磨剤フリーなど)
・ハッカのような刺激を極力抑え乾燥を防ぐもの など、望まない成分を省いた歯磨き粉もあります。

3)味 味が嫌だと、歯をみがくことを避けてしまいますので、意外と大切なポイントです。

たくさんの歯みがき粉が発売されているということは、自分のお口の状態にあった歯磨き粉が選べるとも言えます。 歯磨き粉選びを通じて、ご自身のお口のリスク傾向を知ることもできます。 年齢や病気の種類、歯や歯ぐきのタイプ、だ液の質などによって、ご自身に合った歯磨き粉も変わってきます

あなたにピッタリの歯みがき粉はどのようなものか、気軽にご相談ください

 

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ