小児歯科

お子さんの治療

あなたは子どものころ、歯医者さんに対してどんなイメージを持っていましたか?

「怖い…」
「痛い…」
「嫌い…」

など、「できれば行きたくない場所」と思っていたという方が非常に多くいらっしゃいます。

子ども向けのTVアニメでさえも、子どもたちが歯医者に行くことを嫌がるという描写がなされています。

歯科医院で働く私たちにとっては、とても残念なことですが、一方で「そう感じさせる原因はどこにあるのか?」について、きちんと考えなければいけません。

子どもが歯医者嫌いになる理由

そもそも子どもたちにとっては、病院という場所が苦手なのかも知れません。

消毒などの影響で独特のニオイがありますし、注射をされるというイメージを持っているお子さんもいることでしょう。

きっと病院というだけで、本質的に苦手なイメージが付きまとうのだと思います。

そんな苦手な場所で、マスクをした知らないオジサンが、見たこともない器具を手に持って、いきなり「口を開けなさい」と迫ってくるわけです。

歯医者で起こる光景をあらためて文字に直して描写して見ると、子どもたちにとってはかなりの恐怖体験だと思いませんか?

子どもを歯医者嫌いにさせてはいけない

社本歯科では、お子さんの治療において『歯医者を嫌いにならないように』することが最も大切なことと考えています。

なぜなら、歯とお口の健康を守り続けていくことを一生涯というスパンで考えれば、本人と歯医者さんとで連携しなければならないからです。

お子さんと歯医者さんとの付き合いは、その場限りのものではありません。

むしろ、出会ったその瞬間よりも、その先のほうが長い付き合いをしていかなければなりません。

たとえ子どものころの出来事とは言っても「歯医者は怖いし、大嫌い」とインプットされてしまったら、その後は一生涯「歯医者嫌い」のままかも知れない…

そんな風に、負のイメージを強く持ってしまうことになってしまったら、とても不幸なことだと思うのです。

お子さんのペースで進める歯科治療

ですから、社本歯科では、ムリな治療はしません。
その子のペースに合わせて、治療を進めていきます。

緊急を要する場合を除いては、押さえつけたり縛りつけたりして治療をすることは一切ありません。

本人のペースで進めていってあげれば、必ず自らの意思でお口を開けて治療をさせてくれるようになります。

特に恐怖心の強いお子さんの場合は、私たちを「信頼できる大人」とお子さん自身が認めてくれるまで、根気よく付き合う姿勢が大切だと考えています。

最初は、歯科医院の扉を開けるところから。もし診察室に入ることができないなら、まずは待合室で雰囲気に慣れるところからで構わないのです。

実際に、最初にお口の中を見せてくれたのは待合室でというお子さんもいますので、親御さんも診察室に入れないことを気に病む必要はありません。

診察室に入ることができたら、次は治療用のチェアーに座ること。

そして、チェアーの上でお口を開けられるようになったら、今度は医療器具を使って治療ができるようになること。

もし怖い場合には、初めから音が出て動く器械を使うのではなく、私たちの手で出来る範囲のことからスタートすることも少なくありません。

このようなステップを経ながら、お子さん自身の意思で治療ができる時まで、一緒に歩みを進めていくことが、社本歯科の小児治療のスタイルです。

正直なところ、親御さんのご負担は大きいかも知れません。

ですが、「歯医者さんは怖い場所ではない」ときちんと分かってもらうことができれば、その後は何も苦労しなくてよくなります。

もし、あなたが「子どもの意思なんてどうでもいいから、さっさと治療を進めて」と考えているなら、社本歯科は合わないと思います。

あるいは、「親だって忙しい身なのだから、そう何度も何度も歯科医院に通ってなんかいられない」と思う方も社本歯科のスタイルは合わないと思います。

一方で、「子どもをむし歯にしたくないし、健康な歯を守っていく習慣をきちんと身につけさせたい」と考える方には、社本歯科はピッタリだと思います。

あなたは、どちらのスタイルを望まれていますか?

本当の意味での予防とは?

「予防」という言葉には、2つの意味があります。

1つは、悪くなってしまったところを治して「もう二度と悪くならないように」と考える予防です。

もう1つは、現在も悪いところはないので「そもそも悪くならないように」と考える予防です。

より理想的な予防と言えるのは、後者です。

生えてきたばかりの歯は健康で、むし歯などの病気に侵されていることはありませんから、「健康な歯を健康なままに保つための予防をする」ということです。

大人には難しいことかも知れませんが、お子さんであれば、それを実現できるケースも多いはずです。

ですから、小児治療とは言っても、本質的には『むし歯にならないようにすること』が大切です。

子どものむし歯は特に進行が早いので、「いかにむし歯にならないようにするか」ということに気をつけていかなければなりません。

そのためには、『歯科医院と親御さんが協力していく』必要があります。

ご家庭では、歯みがきを中心に、親御さんがお子さんのお口の状態をチェック・管理していきます。

歯科医院では、定期的に来院していただいて、親御さんのお口の状態をチェックし、日ごろの歯みがきだけでは行き届かない部分をケアします。

また、お子さんがむし歯にならないように、親御さんへきちんとアドバイスをしていくことも、歯科医院側の大切な役割のひとつです。

最終的には、

  • お子さん本人
  • 親御さん
  • 歯科医院

3者が協力して、「健康な歯を健康な状態で保ち続けていく」という本当の意味での予防に取り組むことができる状態を理想と考えています。

社本歯科のスタイルは、確かに時間と手間がかかると思います。

しかしながら、お子さんの歯とお口の健康を『一生涯』というスパンで考えれば、決して無駄な時間と手間ではないはずです。

お子さんが歯とお口のトラブルで悩むことの無いように、その基盤を一緒に作っていきませんか?

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ