むし歯治療

ときどき歯が痛むけど我慢している…なんてことはありませんか?

あなたにも「むし歯がひどくなって、歯が痛くなった」という経験はありませんか?

日本人が抱える歯とお口の病気で最も多いものがむし歯です。ただ、むし歯にも大小がありますので、ご自身では気づいていないというケースも多いものです。

「歯に穴があいたのですが、むし歯ですか?」
「眠れないほど痛いのですが、むし歯ですか?」

このような症状を自覚できるようになってから来院される方が多いのですが、実はこの段階になると、むし歯の症状もかなり進行してしまっています。

むし歯の進行過程

ひと言で「むし歯」と言っても、最初から大きな穴があいて、激しい痛みが出るわけではありません。

むし歯は、その進行具合によってC0〜C4までの5段階に分かれています。

C0 むし歯の初期状態

COとは「Caris Observasion」の略です。
Carisはむし歯を、Observasionは観察を意味します。

つまり、むし歯とは判定できないが、むし歯の初期の症状が疑われるということです。

言い換えると、放置しておくとむし歯になる可能性があるということにもなります。

エナメル質(歯の表面で、白色半透明の硬い部分)が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態で。見た目にはほとんどわかりづらい状態です。

この段階であれば、歯の再石灰化(簡単に言うと、歯の自己修復作用)が期待できます。

ですから、しっかり歯をみがいたり、歯科医院で定期健診を受けて経過を観察したりして、むし歯の進行を防ぎましょう!

C1 むし歯の中期状態

歯の表面にあるエナメル質の中にむし歯菌が進入して穴が空いた状態です。ここまで進行してしまうと、もう再石灰化はほとんど期待できません。

一方で、この時点ではまだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。穴の状態が小さいうちに治療しておくことが大切です。

C2 むし歯の後期状態(初期)

歯の内部にある象牙質までむし歯菌が進入した状態です。象牙質はやわらかいので、むし歯は中で大きく広がります。

大きくなると冷たい水や風がしみるようになりますが、まだまだ痛みを感じないことも多い状態です。

これ以上進行して甘いものや暖かいものがしみるようになると、歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

最悪でもこの段階では食い止めておきたい状態です。

C3むし歯の後期状態(中期)

歯髄(神経)までむし歯菌が進入した状態です。

歯髄には痛みを感じる神経があるので、むし歯菌が進入すると炎症を起こし、非常に激しい痛みを感じます。

この段階まで進行すると、熱い食べ物や飲み物がしみるようになり、ズキズキ痛み出す症状が現れます。これを歯髄炎といいます。

C4 むし歯の末期状態

歯の根だけが残る、むし歯の末期症状です。

ズキズキ痛む歯髄炎も我慢して放置しておくと、ある日その痛みはなくなります。

ただし、それは治ったのではありません。神経が死んで、痛みを感じなくなっただけです。

そのままさらに放置すると、根の先から歯根膜(歯とあごの骨の間にある組織)に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を覚えるようになります。

むし歯の治療法

前述のように、C0の段階であれば再石灰化も期待できますが、C1以降に進行してしまった場合には、治療が必要になります。

むし歯治療の基本は、むし歯を取り除くことです。

むし歯は自然治癒しない病気なので、できてしまったむし歯を削って取り、歯の代わりになる詰め物や被せ物で補って、歯の機能を回復します。

むし歯がC3〜C4まで進行してしまった場合には、歯の根の治療(いわゆる神経の処置のことで、根管治療と呼ばれます)が必要となります。

C1〜C2の段階であれば、比較的歯を削る量も少なく、また通院回数も少なくて済みます。

しかしながら、C3〜C4まで進行してしまうと根の治療だけでもかなり時間がかかりますし、抜歯(歯を抜く)という選択をせざるを得ないこともあります。

この治療過程を見れば、ひどくならないうちにきちんと治したほうがより負担が少ないことはご理解いただけることでしょう。

治療をしたからもう大丈夫!?

ところで、「治療をしたのだから、もう二度とむし歯にはならないよね?」という質問をよく受けますが、これは大いなる誤解です。

まず、一度むし歯になった場所というのは、日ごろのケアが行き届いていない場所ということができます。

ですから、今まで以上に気をつけてケアをしなければ、またむし歯になるリスクが高い場所でもあります。

そして、むし歯治療は前述のとおり、悪いところを削り取り、残っている部分を土台にして、被せ物や詰め物をセットしていきます。

物と物とを重ね合わせれば、必ず隙間が生まれます。できるだけ隙間ができないようにと努力しても、どうしても小さな隙間はできてしまいます。

実は、土台となっている歯と被せ物や詰め物にできた隙間はむし歯菌の格好の住み家になります。

ですから、一度治療した部分というのは、むし歯が最もできやすい部分であり、治療をする前よりも気をつけなければいけません。

悪くなったらまた治療を繰り返していると…

むし歯ができたから治療をするということを繰り返していると、それだけむし歯菌が住みやすいお口の中の環境になってしまいます。

そして、知らず知らずのうちに、持って生まれたご自身の歯の寿命も縮めることになってしまいます。

ですから、当院のむし歯治療では『可能な限りご自身の歯を残し、将来的にもなるべく長持ちさせること』を最も大切に考えています。

具体的には、次の3つのポイントを重視してむし歯治療を行っています。

  1. 神経(歯髄)をなるべく残す
  2. 削る量をできるだけ少なくする
  3. むし歯の取り残しはないように

むし歯にならないように

もしむし歯ができてしまった場合には、早い段階で治すようにしたほうが良いことはご理解いただけたと思います。

ただ、それはあくまでも「むし歯ができたから治す」という対症療法に過ぎません。

根本的には、「むし歯にならないように気をつけること」が最も大切なことです。

むし歯は風邪と違って、痛みがないからと放っておいても自然に治ることはありません。

でも死ぬわけじゃないから…と放置しがちな病気であることも事実でしょう。

実際に、初期段階では症状が自覚できないというのもむし歯のやっかいな性質です。

では、むし歯から身を守るためには、どうしたらよいのでしょうか?

それは『予防』にも積極的に取り組むことです。

まずは、日ごろの歯みがきでむし歯の原因となるプラーク(歯垢)をきちんと除去することです。

そして、歯科医院で定期健診を受けて、むし歯の有無をきちんとチェックし、日ごろの歯みがきでは落としきれない汚れをきちんとクリーニングしましょう。

社本歯科では、むし歯になったから治療を受けるのではなく、むし歯にならないように予防をするという新しい習慣を提案します。


予防については『予防歯科』の項目もご覧ください。

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ