歯周病治療

歯をみがくと血が出ることはありませんか?

雑誌やTVCMで目にする機会が増えた『歯周病』という病気。最近は『むし歯』よりも目にする機会が増えた言葉かもしれません。

ところで、あなたは『歯周病とはどんな病気なのか』をご存知でしょうか?

例えば、ひと昔前のTVCMでよく出てきた『歯槽膿漏』(しそうのうろう)と最近のTVCMで使われる『歯周病』、これらの違いをご存知でしょうか?

実際のところ、言葉だけはよく知られているものの、その内容まではよく知られていないのが『歯周病』の実態だと思います。

歯周病とは?

歯周病とは、その文字が表すように「歯の周りにできる病気」です。

歯肉(歯ぐき)などの歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染して発症します。

歯肉が腫れたり、出血したりという症状が現れるようになり、重症化すると最終的には歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。

実際に、日本人が歯を失うもっとも大きな原因がこの歯周病で、特に40代以降にその傾向が強くなります。

ある調査結果によれば、成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)というデータもあります。

前述の「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とは、歯周病の症状を表す言葉のひとつで、根本的には歯周病も歯槽膿漏も同じことを指しています。

歯周病のセルフチェック

あなたがこのお話を読まれているということは、多少なりとも「もしかして歯周病かも?」という不安を抱えているのだと思います。

そこで、あなたにも歯周病の症状がないか、簡単セルフチェックをしてみましょう!

  • 朝起きると、口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯みがきは1分以内で済ませてしまう
  • 歯みがきは1日1回未満
  • タバコを吸う
  • ストレスがたまっていることを感じる
  • 1年以上歯科医院に行っていない
  • 歯をみがくと歯肉から出血することがある
  • 歯が長く(大きく)なった気がする
  • 歯と歯の間に隙間ができた
  • 食べ物が詰まりやすくなった
  • 歯肉から膿が出ることがある
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 指や舌で触るとグラグラする歯がある

いかがでしたか?

1つでもチェックが入る方は、歯科医院で『歯とお口の健康診断』を受診してみることをおススメします。

『健康診断』ということは、今の状態をきちんとチェックすることが目的です。

問題がなければ安心することができますし、何か問題があったとしても早期に対策を始めれば重症化せずにすむことがほとんどです。

また、数多くチェックが入る方ほど、歯周病が進行している可能性は高くなります。

3つ以上チェックが入る方は、危険信号。すぐに歯科医院を受診するようにしてください!

歯周病の進行過程

ひと言で「歯周病」と言っても、歯肉が突然腫れて、歯が抜け落ちてしまうわけではありません。

歯周病は、その進行具合によってP1〜P4までの4段階に分かれています。

P1 歯肉炎(歯周病の第1段階)

歯をみがくとたまに出血したり、歯肉の色が赤く見えるところあったりと、ちょっとした歯肉の変化が現れ出すのが、歯周病の初期症状です。

この段階であれば、念入りな歯みがきなどしっかりセルフケアを行い、歯垢(プラーク)をきちんと除去することでより健康な状態への回復が見込めます。

歯科医院で正しい歯のみがき方(ブラッシング法)をアドバイスしてもらいましょう!

P2 初期歯周病(歯周病の第2段階)

歯周病がもう少し進行してくると、歯をみがくたびに出血するようになり、歯が浮いているような感じがするなどの違和感を覚える人もいます。

この段階になったら歯科医院での治療が必要です。

歯みがきでは除去しきれない歯周ポケットの中の汚れを専用の器具で除去する必要があります。

歯周ポケットとは、歯と歯肉の境目の溝を言います。

歯は歯ぐきとぴったりつながっているかのように見えますが、実は歯と歯ぐきの間にはわずかな隙間があります。

この溝が深くなればなるほど、お口の中の汚れが歯周ポケットに溜まりやすくなります。

この汚れを取り除くためには、歯科医院で行うクリーニング(プロのケア)が必要です。

P3 中等度歯周病(歯周病の第3段階)

歯肉の赤みが増し腫れぼったくなり、歯みがきや歯間ブラシでの出血が多くなります。

また、深くなった歯周ポケットには歯石(歯垢がかたくなり、歯みがきでは除去できなくなったもの)が溜まり、歯周病の症状はどんどん悪化していきます。

この段階まで進行してくると、歯周病の進行を自覚できる人も多くなります。

まだ歯を失わずに治療することが可能な場合も多い段階ですので、歯科医院で治療を受けましょう。

P4 重度歯周病(歯周病の第4段階)

歯が抜け落ちる直前の状態です。

歯肉の炎症はますます進み赤くブヨブヨとした歯肉になり、また歯肉が下がってしまうため歯が長くなったように見えるようになります。

歯のすき間が広がって食べ物が詰まりやすくなり、指や舌で歯に触れると歯が動くことが分かるようになってきます。

また、歯をみがくと出血だけでなく膿が出ることもあり、強い口臭などの症状も現れるようになります。

この段階まで進行してしまうと、やむを得ず抜歯(歯を抜く)という選択をせざるを得ない可能性も高くなります。

グラグラ揺れる歯のせいで噛み合わせが悪くなると、周りの健康な歯にも悪影響を及ぼすため、他の歯を守るために抜歯という選択をせざるを得ないのです。

気づいたときには重症化…

歯周病の恐ろしいところは、初期には自覚症状がほとんどないため気付きにくいということです。

そして、症状に気づいて歯科医院を訪れた時には、もう抜歯をせざるを得ない状況まで進行してしまっているケースも少なくない病気です。

そうなってしまうことの無いように、自覚症状は無くても歯科医院で定期的なチェックを行うことを強くおススメしています。

全身疾患と歯周病の関係

さらに、近年は歯周病の研究が進み、歯周病は歯とお口の症状にとどまらず、全身疾患とも深い関わりがあることが分かってきました。

具体的には…

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症
  • 早期低体重児出産
  • 認知症

など、多くの方が耳にしたことがある病気です。

また、歯周病そのものも『生活習慣病』に国が指定している病気のひとつです。

歯周病と全身疾患、特に歯周病と生活習慣病との間には深いかかわりがあります。

日本人の平均寿命が延びて、今は「健康に長生きすること」(健康寿命)を意識している方も増えていると思います。

もし『健康な長生き』をしていきたいのであれば、歯周病という病気についてよく知って、歯周病にならない努力をしていく必要があります。

歯周病の治療法

歯周病治療では、原因となっている歯垢(プラーク)のコントロール(減らすこと)が最も重要です。

歯周病は、糖尿病や高血圧と同じように、一度かかってしまうと完治はしづらい『慢性疾患』です。

一方では、糖尿病や高血圧と同じように、原因となるものをしっかりコントロールできれば、上手に付き合っていくことができる病気でもあるということです。

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)です。

きっとあなたも『プラークコントロール』という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、これが歯周病治療のポイントになります。

『プラークコントロール』とは、読んで字のごとく「プラーク(歯垢)をコントロールすること」です。

まずは、毎日の歯みがきできちんとプラークを除去することです。

ただ歯をみがくのではなく、歯をみがくことによってきちんとプラークを除去することが大切です。

そのためには、歯科医院で正しい歯のみがき方のレクチャーを受けて、毎日ていねいに実践していく必要があります。

そして、定期的に歯科医院でプロの処置(クリーニング)を受けて、日ごろの歯みがきでは除去しきれないプラークや歯垢を徹底的に除去しましょう。

実は、私たち歯科医療従事者であっても、毎日の歯みがきだけでお口の中のプラークを100%除去することは不可能です。

ですから、私たちもお互いに定期的にお口の中をチェックし合い、日ごろの歯みがきで除去しきれていないプラークを専用の器械で除去しています。

あなたと私たちが協力し合って

つまり、歯周病治療は、あなた(患者さん)と私たち(歯科医院)とが二人三脚で進めていかなければならないということです。

そして、慢性疾患である以上は治療期間も一生涯にわたることも少なくありません。

歯周病の治療は、時間も手間もかかるものですが、私たちがパートナーとなり、精一杯サポートしていきます。

根気強くプラークコントロールに取り組んでいけば、歯肉の状態が悪くならないように維持していくことは可能ですし、改善していくことも少なくありません。

ですから、私たちと一緒に頑張っていきましょう。

そして、歯周病にならないように、歯周病を進行させないように、とにかく『予防』が最も大切な病気であることを覚えておいてください。


※予防については『予防歯科』の項目もご覧ください。

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ