院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯ブラシの正しいお手入れ法は?

歯のお手入れのために、毎日の歯みがきが必要なことは言うまでもありません。

それゆえに、ブラッシング方法(歯のみがき方)、歯ブラシや歯磨き剤などのデンタルケアグッズ、それぞれにこだわりをお持ちの方も多いのでは?

ただ、こだわりをお持ちの方でも、歯ブラシのお手入れにまで気を配っているかと聞かれると、いかがでしょうか?

実は、歯ブラシにも正しいお手入れ法があります!

歯ブラシの交換時期

使用後の歯ブラシは、流水でよく洗います

よく水を切り乾燥させブラシ部分を上にして風通しの良い場所で保管します。

歯ブラシは、細菌が数多く存在する口の中で使う道具なのですから、正しいお手入れをしないと、あっという間に雑菌が繁殖してしまいます。

また、歯ブラシにも適切な交換時期があります。

毛先が開くと交換時期ですが、これはプラーク(歯垢)の除去率と関係しています。

毛先が開いていない状態を100%とすると、毛先の開いた状態での相対的な除去率は62.9%まで低下すると言われます。

毛先が開いていなかったとしても、長期間使用すれば毛先の弾力もなくなっていきます。

そのためにプラーク(歯垢)の除去率が悪くなったり、歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

歯ブラシの交換時期は1ヶ月と言われていますが、裏側から見て毛先が広がっていたり毛先の弾力性が無くなってきたように感じたときには、交換するようにしましょう。

歯とお口の健康を守っていくために、歯だけではなく歯ブラシのチェックもお忘れなく!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ