院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

食後30分以内に歯をみがかないほうがいいの?

皆さんも、テレビや雑誌などのメディアを通じて、

「食後すぐに歯みがきをすると歯が削れる!!」

というお話を目にしたことが、あるかも知れません。

患者さんから、私たちにもよくご質問いただきますが…

実は、これは正しい情報とは言えません!!

この情報、元々は海外の文献で「酸性食品を食べた後には」という前提で提唱された理論でしたが、いつの間にか「すべての食品に」と話が変わって伝わってしまいました。

そのために生まれた誤った解釈の情報なのです。

歯をみがくタイミングは、基本的に「食後すぐ」が望ましいです!

そのため、現在、各歯科学会でもこの見解を否定し、「食後すぐに歯をみがくことが望ましい」と推奨しています。

実は、お口の中の食べかすは、むし歯や歯周病の原因となる細菌の格好の餌になってしまいます。

ですから、やはり「食べたら歯をみがくこと」が、むし歯や歯周病を予防するための大原則になります!

また、歯をみがくタイミングよりも大切なことは、正しい歯のみがき方です。

歯をみがく目的は、むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を除去することです。

つまり、ただ歯をみがけば良いというものではなく、歯をみがくことによって、プラーク(歯垢)を除去するということが大切なのです。

お口の状態に合わせた歯ブラシの選び方はもちろん、ご自身の歯並びや噛み合わせ、歯ぐきの状態に応じた歯のみがき方などもアドバイスしますので、気軽にご相談ください!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ