院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

「歯ぎしり」をしているみたいで…

寝ている間にギリギリと歯をこすりあわせる「歯ぎしり」。

歯ぎしりはその力も強く、起きている時に力いっぱいに噛む力の
何倍もの力がかかるとも言われています。

歯ぎしりによって歯がすり減ったり、かけたりする場合もあり、やがてそれは知覚過敏、歯周病、むし歯へとつながっていきます。

また、顎関節症や肩こり、頭痛など歯以外でも症状が出てしまいます。

歯ぎしりは寝ている時など無意識のうちにしているので、自覚しにくいものです。

以下の項目に思い当たるものがあるか、チェックしましょう!

□ 歯にひびがある、もしくは歯がまっすぐにすり減っている

□ 起きた時に口の周囲にこわばりがあり、顎が疲れている

□ 車の運転やパソコン作業など集中している時に、歯を噛みしめている

□ 肩こりや頭痛が多い

□ 最近、エラが張ってきた気がする

いかがでしたか?

特に、多忙で時間に追われている方やストレスを抱えている方、目的意識が強く目標達成へ精力的に取り組む方などに、歯ぎしりをする方が多いようです。

歯ぎしりを防ぐ方法としては、

・歯科医院で、就寝時のマウスピースを作る

・歯を噛みしめていることに気づいたら、深呼吸する

・就寝前の1時間は、特にリラックスを心がける

・頬や顎の筋肉をもみほぐすようにマッサージする

などがあります。

セルフケアももちろん大事ですが、歯科医院で作るマウスピースが身体への影響を軽減しますので、少しでも気になる方はぜひ一度ご相談ください。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ