院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

今年の干支は亥

2019年の干支はイノシシ(亥) 通常、十二支では最後の12番目にあたります。

十二支最後の亥は「新たな生命が種子の中に閉じ込められた状態」を現し、亥年は「次の始まりに向けて新たなエネルギーを蓄える年」ともいわれています。 個人は知識を増やす、精神を育てる、組織は人材育成や設備投資、財務基盤を固めるといったように、内部の充実に心がけ、将来のレベルアップに向けての準備にあてると良い年です。

亥年の今年はお口の中の健康に重きを置き、歯みがきの仕方などレベルアップをすることによって、全身の健康の基盤を固めましょう。 では、健康な歯で過ごすために、家庭でできる歯のセルフケアを考えてみましょう。

家族でできるセルフケア

セルフケアといえば、まず思い浮かぶのは歯みがき。 歯みがきの目的は、むし歯や歯周病の原因といわれるプラーク(歯垢)を取り除くこと。 歯と歯の間や、歯と歯肉の間は特にプラークが残りやすいので、歯を一本ずつ磨くつもりで、丁寧に力を入れ過ぎずにみがいていきましょう。

歯みがきと共に、歯間ブラシやデンタルフロスを併用するのも効果的です。 歯ブラシだけの場合、プラークの除去率は約50%といわれています。しかし、デンタルフロスを併用すれば、除去率は約90%に上昇します!

歯間ブラシやデンタルフロスは使ってみたけど、使い方がイマイチよく分からないといった声もよく聞きます。 どちらも慣れると簡単にできる事ですが、お口の中の状況によって、使いはじめはコツが必要な場合もあります。 「…よく分からないな、上手くできないな、これであってるかな?…」そんな時はぜひお使いの歯ブラシや歯間ブラシをお持ちになり、歯科医院へ使い方などご相談ください

今年も1年、健康な歯で楽しく過ごしましょう。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ