院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

大人にフッ素は必要ないのでしょうか?

フッ素には、次のような効果があります。

1)歯質を強化する(エナメル質を強化する)
2)歯の再石灰化を促進する
3)むし歯菌の活動を抑制する

フッ素入り歯みがき粉

生えたての歯(生え変わったばかりの歯)のほうがフッ素を歯に取り込みやすいため、お子さんのむし歯予防によく活用されます。

だからと言って、大人の方には効果が無いというわけではありません

フッ素のチカラ

大人の方で最もむし歯リスクが高いのは、『2次う蝕』(にじうしょく)と呼ばれるものです。

これは、治療済の歯が再びむし歯になることです。

むし歯の治療を簡単に表現すると、むし歯ができてしまった部分を削って取り除き、穴が開いた部分を詰め物や被せ物で埋めます。

ご自身の歯と詰め物・被せ物との接合部分には、どうしても小さなすき間ができるため、そこがむし歯になりやすいのです。

二次う蝕(二次カリエス)

また、歯周病が進行してしまうと、歯ぐきが下がって歯が露出してしまい、そこもむし歯になりやすい部分です。

歯周病の進行(歯の露出)

最近の研究データでは、これらのケースにもフッ素が有効であることが分かってきました。

大人の方もフッ素入り歯みがき粉などを活用したむし歯予防にも、積極的に取り組んでみましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ