院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

うちの子、歯の生え変わりが遅くないでしょうか…?

お子さんの成長とともに、乳歯から永久歯へと生え変わります。

その時期は、一般的に6歳~12歳ごろ。

個人差はありますが、6歳ごろに最初の永久歯「第一大臼歯」、
いわゆる『6歳臼歯』が生えてきます。

この歯は、かみ合わせの中心となる大切な歯ですから、6歳臼歯は、絶対にむし歯にしてはいけません!

乳歯の奥に生えてくるので、みがきにくい歯ですが、むし歯にしてしまわないように注意が必要です。

保護者さんの仕上げみがきも欠かさずしていただき、歯科医院の定期健診も必ず受診しましょう。

その後、どんどん歯が生え変わっていきますが、時期の目安としては下の図のような順番です。

この乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に、永久歯列がどのように並ぶかが決まります。

つまり、お子さんの成長において将来の歯並びが決まってくるとても大切な時期と言えます。

実は、永久歯は乳歯の下で徐々に育っています。

乳歯がむし歯になったり早期に抜けてしまったりすると、永久歯がうまく育たなかったり、正しい位置に生えてこなかったりと、歯並びに影響を与えてしまいます。

また、目安となる時期になっても生え変わらない場合、まれに先天性欠損歯(生まれながらにして永久歯が存在しない)というケースもあります。

乳歯が永久歯に生え変わる時期には、特に気になることがなくても定期的に健診を受けて、お口の状態をチェックしていきましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ