院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

永久歯が生えてこないと、歯並びの相談はできませんか?

お子さんの歯並び、気になっている親御さんも多いことでしょう。

一方で、乳歯は永久歯に生え変わっていくため、永久歯に生え変わってから考えていけば良いんじゃないの?と考えていらっしゃる親御さんも多いのでは…

実は、乳歯の生え方が永久歯列(永久歯の歯並び)に影響します。乱れたまま放っておくと不正咬合につながる場合もあるので要注意です!

つまり、将来のキレイな歯並びのためには、乳歯期の歯列にも気をつける必要があるということです。

そこで、お子さんに必ず受診して欲しいのは、『4歳時点の歯並びチェック』です!

乳歯は2歳半~3歳前後にすべて生え、乳歯列が完成します。ですから、4歳ぐらいで一度歯並びをチェックしておくことで、永久歯の歯並びを予測する目安ができるということです。

乳歯期に歯並びが良くない場合、永久歯が生えてくるスペースが確保できずに、永久歯の歯並びも悪くなってしまう可能性が高くなります。

一方で、乳幼児期というのは成長も活発な時期です。身長や体重はもちろんのこと、それに合わせて歯列やアゴも発達していきます。

この成長途上で歯並びをチェックしておくことで、成長過程を利用しながら、正しい歯ならびに誘導していくことも検討できるようになります。

歯並びというと、ある程度成長してから本格的に矯正治療をするというイメージがあるかも知れませんが、4歳ぐらいのときに一度チェックしておくほうが良いのです。

4歳になったら、歯科医院で『歯並びチェック』を受けましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ