院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯をケガした場合には?

スポーツや転倒事故などで顔をぶつけてしまったときに、鼻や歯に外傷を負ってしまうことがあります。

歯が折れた」「歯が欠けた」というケガは、特に小さなお子さんでは意外と多いトラブルです。

tooth-breaks

そのような場合に、どのように対処すると良いかご存知ですか?

歯が欠けた場合は、小さなかけらを飲み込まないように、一度だ液を吐き出させてみましょう。

かけらを接着できる場合がありますので、小さなかけらでも乾燥させないようにして、歯医者さんへ持っていきましょう。 歯医者

歯が抜けてしまった場合は、歯の根っこの部分を絶対に持たないように気をつけてください。

水道水で洗う場合には、30秒以内で済ませます。 その後、できれば牛乳に浸すのが良いですが、難しければ口の中に入れて(親御さんでも構いません)30分以内に歯科医院を受診してください。 この手順を守ることで、歯を元の場所に戻すことができる確率が上がります。

外傷の対処法

グラグラしている場合は、神経や血管が傷ついている可能性がありますので、歯科医院を受診しましょう。

心配でも、やたらと触らないようにしてください。

意外かも知れませんが、元の状態に近く修復できるケースも少なくありません

ケガをした場合には、すぐに歯医者さんに電話をして指示を仰いでください!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ