院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯と口の健康週間です!

6月4日~10日の1週間は、「歯と口の健康週間」です!

もしかすると、6月4日の「むし歯予防デー」のほうがなじみ深いという方も多いかも知れません。

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施している「歯とお口の健康を守る啓蒙活動」で、なんと1928年(昭和3年)から実施されています。

2020年のテーマは
咲かそうよ 笑顔の花を 歯みがきで

この機会に、あらためて歯の大切さを見つめ直してみませんか?

◆ 食べるだけじゃない!歯の役割

歯は、食べ物を食べるために欠かすことのできない、食べ物を噛み砕くという大切な役割を担っています。

しかしながら、歯の役割は、食べることだけではありません。

・味覚を豊かにすること
・表情をつくること
・きれいに発音すること
・身体のバランスを整えること

このように、人間らしく豊かな生活を送るためにも、歯とお口の健康を守ることが大切なのです。

◆ 今、あなたの歯は何本ありますか?

「失って初めて、歯の大切に気づいた…」という方がたくさんいます。

歯は1本失われただけでも、正常な機能を果たすことができなくなります。

たとえば、奥歯を1本失っただけで、食べ物を噛み砕く能率が40%も低下すると言われています。

あるいは、上の前歯が抜けるとサ行、奥歯が抜けるとハ行、ラ行が発音しにくくなり、言葉が不明瞭になる原因となります。

歯を失ったことで顔の輪郭が変わってしまい、表情が老けて見えたりすることもあります。

成人の歯は全部で28本、親知らずまで含めると32本あります。あなたは、そのうちの何本、自分の歯が残っているでしょうか?

歯を失ってしまう2大原因は、「むし歯」と「歯周病」です。

その原因となる歯垢(プラーク)を除去するために、毎日の歯みがきと定期的な歯科医院でのクリーニングが欠かせません!

「咲かそうよ 笑顔の花を 歯みがきで」

私たちと一緒に、歯とお口の健康を守り続けていきましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ