院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

デンタルフロスの使い方って?

毎日のホームケアで、歯と歯の間もきちんと清掃していますか?

歯ブラシが届きにくい歯と歯の間はむし歯や歯周病ができやすく歯と歯の間もていねいに清掃しましょう。

歯と歯の間をきれいにみがくためには、歯みがきに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなど歯間清掃用具を使います。

歯間ブラシやデンタルフロスを使うことにより、どれだけの清掃効果が得られるのか?

歯垢(プラーク)の除去率を調査したデータによると、

歯ブラシのみ:61%
歯ブラシ+デンタルフロス:79%
歯ブラシ+歯間ブラシ:89%

ということが分かっています。

このデータからも、歯間清掃の効果がよく分かりますよね。

日頃のホームケアにも、歯間清掃を取り入れましょう!

今回は、デンタルフロスの使い方を紹介します!

1.デンタルフロスを40cmぐらいの長さに切る。

2.左右の中指にまきつけ、指と指の間を1~2cmの長さにして固定する。

3.ゆっくりと前後に小さく動かしながら、歯と歯の間に挿入する

 

4.歯に巻きつけるようにして、歯の側面をこすりながら、上下に2~3回動かす

 

5.取り出すときは逆の操作または片手をはずして静かに引き抜きます

 

6.次の歯と歯の間は、使用した部分をずらして新しい部分で繰り返します。

7.最後にお口を水ですすいでください。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ