院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

むし歯って親から子へ感染するのですか?

むし歯の原因は、細菌(ミュータンス菌)です。

細菌が原因なので、風邪やインフルエンザと同じように、人から人へと感染するリスクがあります。

一方で、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯の原因となるミュータンス菌は存在していません。

ところが、知らず知らずのうちに、お子さんのお口の中にミュータンス菌が住みつくようになり、お子さんたちにもむし歯ができてしまいます。

実は、その最大の原因が『家族内感染』です。

親御さんからお子さんへ…という経路に限らず、身近な家族(大人たち)からお子さんのお口の中へミュータンス菌が感染していきます。

奥歯が生えてくる1歳半~3歳ぐらいまでの間が特に感染リスクが高く、歯科には『感染の窓』という用語まであるぐらいです。

ミュータンス菌に感染する時期が遅ければ遅いほど、お子さんのむし歯予防にもつながります。

そこで、気を付けたいポイントは2つ。

1)感染経路をできるだけ遮断する

大人が使った箸やスプーン、ストローの共有は避け、食べ物を口移しで与えたりしないようにしましょう。

2)大人たちがきちんと口腔ケアをする

周囲の大人たちがお口の中を清潔に保っていれば、感染するリスクを軽減することができます。

お子さんのために、周りの大人たちが気を付けましょう!

とはいえ、日々の家事や子育てて忙しいお母さんたちが、この条件を100%守るのも難しいと思います。

まずは、どうしてむし歯になるのかをよく理解して、ご自身でもできるところから取り組んでいきましょう!

 

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ