院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

喫煙と歯周病の深い関係

タバコを吸うことは、健康にとって「百害あって一利なし」と言われます。

その指摘のとおり、糖尿病や動脈硬化、高血圧など、さまざまな生活習慣病を引き起こす要因のひとつとされています。

それと共に、歯とお口の健康にも悪影響があることが分かっています。

たとえば、タバコの煙には数千もの化学物質が含まれており、そのうちタールやニコチンなどの発がん性物質と呼ばれる有害物質は、約300あると言われています。

たとえば、タールが歯に付着すると、歯垢や歯石が付きやすくなります。

あるいは、喫煙で口の中のだ液が減って乾燥すると、歯の再石灰化が難しくなります。

ニコチンは免疫細胞の働きを抑え、病気に対する抵抗力が落ち、アレルギーの症状が出やすくなることも分かっています。

歯周病は、歯を支える歯肉や歯根膜などの歯周組織に起こる病気を言います。

以前は歯槽膿漏と言われていましたが、免疫力が低下すると歯周病にかかりやすくなり、悪化するのも早く、治療をしても治りにくくなるという結果が出ています。

ただし、禁煙することでこれらのリスクを避けることができ、歯周病にかかりにくくなるのはもちろん、治療の経過も非喫煙者とほぼ差がなくなるという研究結果も出ています。

愛煙家の方には耳の痛い話だと思いますが、お口の健康を考える上でも、喫煙の習慣は見直す必要がありそうですね。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ