院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

壮年期のデンタルケア

今回は、40代~50代のいわゆる壮年期のデンタルケアについてお話します。

仲良し壮年夫婦

この時期は、むし歯も歯周病も重症化して喪失歯(歯を失うこと)が増える時期です。

このようなお話を見れば、「歯が悪くなることは年齢のせい」と思われるかもしれません。 しかしながら、実際のところは、歯そのものが加齢によって大きく悪くなることはありません。 厚生労働省が実施している「歯科疾患実態調査」によると、8020達成者(80歳で20本以上の歯を維持している人の割合)は38.3%と分かっています。

 

8020の推移

(データの出典:厚生労働省のHP)

これは、80歳になっても約40%の人は、歯を健康に保てているということです。 一方で、毎日の歯みがきなど、ケアが不十分であれば、むし歯や歯周病のリスクは高くなります特に気をつけたいのは「歯周病」です。

歯周病で歯がぐらぐら

40代以降に歯を失う原因は、むし歯以上に歯周病が多いのです。 前述の 歯科疾患実態調査によると、35~44歳では約80%近くの人に歯周病の所見が認められ、また年齢を重ねるとともに、より重度の人の割合が増加していることが分かっています。 歯周病は老化現象ではありません。「歯肉(歯ぐき)の病気」で、日ごろから適切なケアをしていくことで予防することができます。

歯みがき

適切なケアとは…

1)毎日の歯みがき

2)歯科医院での定期的なチェックとクリーニング(定期健診)

この2つが必要です。

壮年期以降は、若いとき以上にていねいに歯と歯肉(歯ぐき)のお手入れが必要になります。

歯科医衛生士の予防処置

毎日の歯みがきを徹底しながら、歯科医院で定期健診を受けることを習慣にしましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ