院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

夏風邪にご用心!

夏風邪をひくと、長引いてなかなか治らないといいます。

夏風邪は、冬にひく風邪とは違います

風邪の8-9割はウイルス感染により起きるのですが、夏の風邪と冬の風邪とは、ウイルスの種類が違うのです。

冬に流行る風邪のウイルスは、インフルエンザなど寒くて乾燥した環境で増殖するのに対して、夏風邪のウイルスは、暑くて湿気のある環境を好みます。

夏に流行る風邪のウイルスとしては、エンテロウイルスアデノウイルスが知られています。

小さいお子さんを中心に流行る、手足口病やヘルパンギーナ、プール熱などもこれに当たります。

夏風邪の症状としては、喉の痛み高熱などの他、下痢、腹痛などの胃腸障害目の充血などが挙げられます。

夏風邪に効く特効薬はなく、また予防薬もありません。

夏風邪をひかないためには、体調を整え、免疫力を高め、ウイルスを寄せ付けないことです。

夏風邪の予防に有効な対策をいくつか紹介します。

一番の予防策は、ウイルスを排除することです。

そのためには、夏風邪が流行っている場所でのマスク着用、手洗いやうがいの徹底です。

うがい手洗い

また、夏は冷たい食べ物や飲み物を好んで摂ってしまいますが、身体を冷やしすぎると自律神経が乱れ、免疫力が落ちてしまいます。

温かい食事、栄養バランスのよい食事を摂るよう心がけることも大切です。

夏は汗で水分が大量に排出されますから、水分補給は小まめにしましょう。

冷たい飲み物や炭酸飲料は胃に負担がかかり、ビールなどアルコールは利尿作用で水分補給にはなりませんので、控えめに。

そして、冷房の設定温度は少し高めにし、寒い時はカーディガンなどを羽織り、身体を冷やしすぎないようにしましょう。

入浴の際は、シャワーで済ませず、バスタブに浸かり、身体の芯から温まりましょう。

適度な運動で汗をかくことも大切です。

ウォーキング

また、質のよい睡眠で、疲れを翌日に残さないようにしましょう。

一度ひくと、なかなか治らない夏風邪。

しっかり予防して楽しい夏を過ごしましょう。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ