院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

夏場の水分補給にベストな飲み物は?

本格的な夏がやってくると「熱中症」の話題が増えますが、熱中症対策に欠かすことのできないことのひとつは、『水分補給』です。

熱中症対策では、水分だけでなく電解質(イオン)も補給するために、スポーツドリンクやイオン飲料を飲むことが推奨される傾向にあります。

◆なぜスポーツドリンクなのか?

熱中症対策の水分補給にスポーツドリンクやイオン飲料が推奨されている理由は、水分に加えて、ナトリウムも含まれているからです。

大量に汗をかいたときにはナトリウムが必要と言われますが、これは適正な電解質の補給が目的です。

電解質は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わったりと、身体にとって重要な役割を果たしています。

この電解質の働きによって、胃から小腸への排出小腸から血管内への吸収がすみやかに行われています。

電解質は、少なすぎても多すぎても細胞や臓器の機能が低下し、命にかかわることがあります。

ここで、下の図をご覧ください。
小腸における各飲料の吸収率を示す実験データです。

このデータを見ると、スポーツドリンクの吸収率は意外と高くないことが分かります。

むしろ、水(蒸留水)のほうが小腸への吸収率は高いというのは、ちょっと意外な結果ですよね。

◆水分補給に最適な飲み物は?

このデータを見る限り、日常生活における基本的な水分補給や喉の渇きを潤す目的であれば、飲み物は『水でも十分』と言えるでしょう

お茶やコーヒーでも良さそうな感じはしますが、お茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があり、水分を体外に排出することを促進してしまいます。

ですから、お茶を飲みたい場合には、ノンカフェインの『麦茶』をチョイスすると良いでしょう。

ちなみに、アルコール類も利尿作用がありますので、水分補給という目的には適しません。

ただし、炎天下でのスポーツや仕事で大量の汗をかいたときには、『経口補水液』での水分補給がベストです。

汗を大量にかいてミネラルが失われたときに水だけを補給すると、血液が薄まってしまいます。

血液が薄いままだと、体外に水を排出してわざと血液を濃くしようとする働きが起こります。

この状態に陥ると、水を飲めば飲むほど脱水してしまうという危険な状態になるため、塩分と糖分が含まれ水分の身体への吸収率が高い経口補水液がベストなのです。

スポーツドリンクやジュース類は糖分が多いことが指摘されますが、『水分の身体への吸収率』という観点から考えても、何を飲むかが重要ということです!

◆経口補水液をつくろう!

経口補水液は、自宅でも簡単につくることができます。

インターネットで「経口補水液 作り方」と検索すると、レシピサイトがたくさんヒットします。

熱中症対策に「自宅でも簡単につくることができる」ということを覚えておくと、いざという時に役立つかもしれませんね。

<もしもの時に!手作り経口補水液レシピ・作り方>(クラシルさん)

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ