院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

歯が欠けた時の修復と処置は?

歯が欠ける、歯が割れるといった症状には、さまざまな原因が考えられます。

むし歯の進行で歯がもろくなり欠けてしまう場合もあれば、歯ぎしりなどで日頃から歯に負担がかかり、欠けやすくなることもあります。

また、思わぬ転倒や事故などの外傷で前歯が欠ける、破損することもあります。

ささいな欠けであっても、出来るだけ早く歯科医院で治療を受けましょう!

その際、欠けた歯の破片が見つかるようであれば、ご持参ください。

欠けた部分が小さければ、歯科用の接着剤やレジンでの修復が可能で、破片がなくてもプラスチックなどを使い、治療することができます。

歯が根元から折れてしまって神経が露出してしまうと、神経に炎症が起きやすくなります。

この場合は、残った歯の根を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、歯を接着します。

ただし、ダメージが大きく歯を残すことが難しい場合は、やむをえず抜歯することもあります。

抜歯後の治療はブリッジや入れ歯、インプラントもあります。

欠けや割れの大きさ、残った歯の状態によって治療の方法も異なりますので、すぐに相談してください。

歯が欠けたまま、割れたままの状態にしておくと、思わぬお口のトラブルを招くこともありますので、放置せずに早めに治療をしましょう!

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ