院長社本の健康コラム

歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

顎関節症は放っておかないで!

あくびをするときに、口が明けづらい…

あごがカクカクする…

こんな症状が思い当たる人は、顎関節症の可能性があります。

症状の軽いものを含めると、日本では2人に1人が、あごに異常を感じた経験があると言われています。

自然に治るものもありますが、悪化するとめまいや痛みが全身に影響する場合もあり、開口障害により食事の摂取が困難になるケースもあるそうです。

顎関節症は、子どもから高齢者まで、年齢にかかわらずみられる症状ですが、比較的多いのは20~30代。

そして、男性よりも女性に多いようです。

顎関節症の最も大きな原因と言われているのが、「歯ぎしり」「歯の食いしばり」です。

人間関係などのストレスが、夜寝ているときに「歯ぎしり」を引き起こすとも指摘されており、仕事など何かに集中しているとき、知らず知らずのうちに歯を食いしばっていることもあります。

また、左右のどちらか片方だけで食べ物をかむ「偏咀嚼」や、うつ伏せ寝、電話をあごの下にはさんで話す動作も、あごに負担をかけるようです。

顎関節症の治療は、歯科医院に相談して治療を進める方法が最も適しています。

その上で、水泳やウォーキングなどの全身運動で血行を良くし、ストレスを緩和させるなどの工夫があれば、さらに良いでしょう。

健康コラム一覧に戻る

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ